タオルの名入れ

名入れタオルの印刷手法

軽印刷(印刷名入れタオル)

タオルの両端に平織りの部分があり、その片側または両側にプリントします。片側→片袖・両側→両袖といいます。 白いタオルは刷り色はご自由に指定できますが、白に近い淡い色は不可です。インクが完全に不透明ではありません。そのため、カラータオルは地色の影響を受けるので基本的に印刷色は黒のみです。若干の色合いの誤差を許容出来る場合は、生地の色と同系色の濃色も可能です。

シルク印刷(プリントタオル)

名入れの色指定はDICカラーガイド等での指定や「赤」「青」「黒」などとご指定頂いても結構です。 ほぼどの様なお色でも印刷できて、インクは不透明です。白や白に近い色はゴム様成分を多く含みますので、印刷箇所が若干ごわつきます。

着抜加工(着抜タオル)

着抜タオルとは、カラー生地の一部分を脱色によって名入れを施す手法です。完全に白にすることは出来ませんが、同系色の淡いセピア色になります。更に顔料で色つけすることも出来ます。濃色付けが適します。

織り加工(ジャガード織りタオルタオル)

印刷ではなく、タオル生地の織りで名入れいたします。生地ベース色と白糸で原稿を表現します。小さい文字・細かいデザインには向きません。写真やイラストもある程度再現できます。画像での入稿は別途追加料金がかかります。

名入れタオルの印刷範囲

本体の指定の場所に印刷します

多くの商品はあらかじめ名入れ印刷を想定してある、余白に印刷を致します。

文字数制限はありませんが、

名入れ範囲が狭い物もありますので、可読性を保てる文字の大きさを考えて、名入れ原稿の企画をお願いします。 例えば、印刷名入れタオルでしたら「店名」「ロゴ」「住所」「TEL」「 サイト」程度が適当でしょう。

名入れ印刷の色について

1色で印刷する

 特色で印刷する

カラーガイド、チップの写真DICカラーガイドやPANTONEカラーガイドの番号でご指定いただけます。ただし、軽印刷ですので厳密にカラーガイドの色を再現することが出来ません。目安としてお考えください。
カラータオルの場合は、インクが不透明ではないため黒か同系色での印刷でお願いします。

多色印刷する

 オリジナルタオル・着抜タオルは多色印刷OK

それ以外の商品は名入れが出来る場合、1色印刷のみです。

生地の糸と織り糸での表現になります。

 文字・マークのみの場合

生地ベース色と白糸で原稿を表現します。小さい文字・細かいデザインには向きません。

 複雑な図柄

写真やイラストもある程度再現できます。画像での入稿は別途追加料金がかかります。



  • 商品を探す
FAX注文書注文書のダウンロード
カンタン&24時間注文対応
fax:050-3737-3044

夜間の電話対応します
夜間の電話対応いたします。
受付日の22時より23時まで、弊社よりお客様のお電話番号宛てご連絡差し上げます。
御希望の方は、下のボタンよりご予約ください。
クービック予約システムから予約する
  • 営業日カレンダー
プリント・印刷・織りについてわかりやすくご紹介します。
どんな印刷を依頼するか、確実に伝わる原稿の用意をお教えします。
Adobe Illustratorでのデータ作成の方法を、説明しています。